技術の細かい作業も多いパテックフィリックの時計

パテックフィリップは面白いことに、印字や塗装はすごく薄いのです。

しかしながら表面の荒れはまったく見られず、色彩も鮮やかなことから技術の高さが伺えるのではないでしょうか。

塗料の濃度を上げて、乾燥時間を長く取っているからそうなるようです。

でも、それだけではうまくいかないはずであり、技術者の考えやノウハウが色々あるのでしょう。

方法は分からずとも教えて欲しいものだと思います。

パテックフィリップの文字盤は、他のメーカーとは違います。

薄いのに色が鮮明なが不思議なところです。

このような差も技術の違いとで変わってくるのでしょう。

具体的に印字を見てみます違いが歴然だと一般の方でもしっかり分かるここだと思います。

例えば、色の濃い文字盤に白い印字をプリントすると、たいてい下地が透けてしむもの。

白は色が透けやすいから当たり前かもしれませんね。

しかしながらやはり安価な時計のロゴを見ると、文字がかすれていたり、色がにじんでいたりするものが多いように感じてしまいます。

そうならないために高級な時計の多くは、印字を何度も重ねる。

そのような細かい作業を続けるころでそうすることで、下地が透けないようにしたり印字のにじみを防いでいるのです。

細かい作業があってこすのクオリティが保たれているといえるでしょう。