パテックフィリップの歴史について

「パテックフィリップ」は現在でこそ、世界でも有数の時計メーカーとして世界に名をとどろかせていますが、元はスイスで創設された小さな時計メーカーでした。

創設されたのは、1839年です。

ポーランド生まれのアントワーヌとフランソワによって作られ、当時は無名の時計メーカーでした。

ところが、創設から6年たった1845年に経営に加わったフランス生まれの時計師によって、現在の「パテックフィリップ」の体制が完成することとなります。

「パテックフィリップ」の時計製造技術が最初に評価されたのは、1851年のことでした。

1851年にロンドンで開催された、博覧会の時のことです。

「パテックフィリップ」を大層気にいり、金時計を買うことを決めた人がいました。

その人こそ、ビクトリア女王だったのです。

ビクトリア女王に金時計を購入していただいた「パテックフィリップ」は、その後一躍注目を集めることになりました。

すぐさまイギリス王室御用達のメーカーとして有名になり、現在では一流の時計メーカーとして名をはせるまでになりました。

このようなルーツから、現在の「パテックフィリップ」は出来上がっているのです。

現在の「パテックフィリップ」がセレブ向け時計メーカーとされているのも、このルーツからでしょう。